肩こりに対する意識を変える

肩こりになる人とならない人の違いって?

なぜ肩こりになるの?

肩こりとは、筋肉が緊張する事で始まるものです。筋肉が緊張すると、筋肉が硬直して壊れてしまいます。だから回復させるための血液も行き届かず、損傷個所が固まってしまい、痛みや凝りにつながってしまうのです。

 

肩こりになりやすい人となりにくい人がいる。その原因は?

肩こりになる人と、なりにくい人とは、どのような違いがあるのでしょうか?肩こりの原因になる要因は、以下の要素が大きく関係しています。

  • 自然治癒力
  • 血流
  • 姿勢

大きく分けるとこの3つです。

 

普段から姿勢をよくしよつお心ってしまうので、頭の重みを、肩や首だけで支える事が少ない傾向があります。だからいつも正しい姿勢を意識していれば、肩や首に負担がかかる事も少なく、肩こりになるリスクもなくなるでしょう。

 

ちなみに自然治癒力というのは、自然に治そうとする力のことです。薬に頼らず、自分だけの力で治す事ができる力なので、自然治癒で痛みを克服できれば一番いいのです。

 

しかし、自然治癒力は、疲れがたまりすぎていると、思う存分に発揮されません。だからガチガチに固まって傷ついてしまった筋肉も、凝りになる前に、自分の力で治す必要があります。

 

血液の流れが悪いと肩こりになりやすい!

これは肩こりに限らない事ですが、血流が悪い方は、肩こりになりやすいです。だから血流をいつも良くしておけば、それだけ肩こりになりにくいと言われています。

 

血液の流れがよければ、疲労した筋肉にも栄養分を運ぶ事ができます。血流が悪い人であれば、それができません。だから肩こりがなかなか治らず、痛みが続いてしまうのです。